hayao shigeru 777  

Que la paz prevalezca en la tierra

最高のアイデンティティ  シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール


シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール


地上における様々な創造活動には、限りない多様性がありますが、これらの多様性は“一なるスピリット”から生じているのです。
花々や木々、そして動物たちの多様性が、世界を美しくしているのに反して、人間における多様性は、世界に戦争をもたらしています。
今日の世界における暴力や狂信は、広い視野に立った教育の欠如によるものです。


すべての違いを乗り越えて、多様性の背後にある一体性を認めるような教育こそがなされるべきなのです。
共同体による争いの根底には偏狭な帰属意識が存在しています。しかし、
我々は、性、人種、カースト、宗教、国籍などの限られた独自性を足し合わせたものよりも、更に大いなる存在なのです。
帰属意識(それぞれのアイデンティティ)が自らの派閥や宗教だけに限定されると、狂信的になり、他者との争いの原因になってしまいます。
我々にとっての最高の帰属意識(アイデンティティ)とは、我々が神聖なるものの一部であるということです。そのことに目を向ければ、我々は一つの世界家族の一員だという意識が芽生えてきます。
人類はこのように、一なるものから生まれ創造されたと考えて初めて、一体となれるのです。


世界のどこかに「私の宗教はあなたの宗教より素晴らしい」と考える人達がいる限り、世界は平和にはなりません。他の共同体や宗教への偏見を生じさせることなく、子供たちが成長できるような多文化教育が必要です。



実際、過激な人々は世界にそんなに多くはないのですが、平和を愛する人々のほとんどは消極的であり、活動的とは言えません。今こそ、平和を愛する人々が力強く行動に出るべき時です。
世界のどこにいようと、我々は力を合わせ、愛と地球家族の一員なのだというメッセージを発しなくてはなりません。
富士宣言はこの意味で、正しい方向へ一歩を踏み出すものです。我々「アート・オブ・リビング・ファンデーション」は、「ワン・ワールド・ファミリー」の理想を目指して活動していますので、地上に恒久平和を樹立しようとする富士宣言に、諸手を挙げて賛同致します。



引用元はこちら⇒https://fujideclaration.org/ja/the-highest-identification-for-one-world-family-2/